「SDGsボードゲームファシリテーター」講座を受講し、社内でやってみた感想

 

先日、SDGsボードゲームファシリテーターの検定を受講し、

社内のメンバーでSDGsボードゲームの体験会を実施しました。

今回はゲームの簡単な内容説明と、ファシリテーターである私の感想を紹介します。

 

SDGsのカードゲームとは

SDGsの実際の課題と解決方法の事例をすごろくのように楽しく学べるゲームです。

 

<主なルール>

・対象人数:4~5人(ゲーム1箱に対して)

・全員が協力しながらゴールを目指していきます。競争要素はありません。

・知識として学ぶのではなく、体感しながらSDGsを自分ゴトにしていけます

・ルールは結構細かいですが、一回体験すると理解できるレベルです。

 

今回はゲームの細かい説明は省きますが、特徴的なところだけ紹介します↓

 

f:id:momonose-eins:20210824103610j:plain
f:id:momonose-eins:20210824103540j:plain
ゲームに必要なカード類を並べた様子

 

ゲームに必要なボードとカードを並べるとこんな雰囲気になります。

すごろくのような感じですね。

 

 

f:id:momonose-eins:20210824103549j:plain
f:id:momonose-eins:20210824103543j:plain
写真(ミッションカード)

SDGsの目標17個が社会・経済・環境の3つに分類されてカードになっています。

SDGsの課題と、その対処方法が書かれたこのカードは、

ミッションカードと呼ばれます。

 

ゲーム中にこのミッションカードを使うことで、

ゲーム内でのSDGs各目標の達成率に貢献できます。

 

カードに書かれている実際の事例が、

どのSDGsの目標に関連しているのかをゲームを通じて体感できます。

 

 

プレイヤーは、ゲーム開始時に自分の立場(役職)を選ぶことが出来ます。

〔大企業〕〔中小・ベンチャー企業〕〔大学〕〔慈善団体〕の4つで、

それぞれ異なる能力があります

 

例えば大企業だと毎ターンで使える予算(コイン)の数は多いが、

企業として成長するためには膨大なコストが必要になる……みたいな感じで、

現実世界でのあり方を反映しているイメージです。

 

  

これらのカードを使って社内の皆さんで体験会を実施しました! 

朝夕の2回開催で約20名ほどの方に参加してもらいました!

 

体験会開催後の感想

私は人生でこのかたファシリテーターの経験がありませんでした!

なので、今回講座受講の話を聞いたときは「どうしよう!」と正直なところ思いました。

 

体験会には、準備を周到にして挑みましたが

他の社員のみんなが真剣に話を聞いてくれて、ゲーム中には盛り上げてくれました。

結果的に言うと、100点満点中60点くらいの体験会を開くことが出来ました!

 

参加した皆さんからは、次のような声をいただきました。

SDGsでどんな取り組みがあるか知らなかったので、勉強になった

・コマを置くボードを日本地図ではなく世界地図にしたら面白そう

・ミッションのテキストが難しい

・お客さんに提案できるかも

 

一方で、ゲームが時間不足になってしまったことが、今後の改善点と捉えています

体験会は全1時間(イントロダクション10分・ゲーム45分・振り返り5分)でしたが、

もっとゲームの時間を長く取って、

もっと参加者が多くのSDGsの事例(ミッションカード)に触れられるようにした方が

良かったと思います。

 

また、各ミッションカードに書かれた事例について「難しい」という声もあったので、

参加者にもっと理解を促すような補足知識や体験談などを、

私の方であらかじめ用意しておくと、さらに充実した体験会になりましたね。 

 

今回ファシリテーターとして皆さんに教える立場になったことで、

私自身勉強になりました。

特に「声に出して伝える」というやり方は、自分の声が自分に耳に届くので

新しい知識や気づきが、脳内に定着していくように感じました。

 

 

今後のSDGsカードゲームの体験会ですが、

社内でもう一度やってみてもいいかなと思っています!

 

◆ アインズの公式ホームページはこちら
https://www.shiga-web.or.jp/eins/

 

◆ オンラインショップ

Eins Eco&ユニバーサル shop(http://www.eins-eco.shop/)