グラフィックデザイナー3年目の「スキなもの履歴書」

f:id:momonose-eins:20200630131524j:plain


印刷会社の新商品開発部門として、コロナ対策の商品の開発が進んでいます。
例えば、エレベータのボタンや手すりなど、不特定多数の人が触っているものに触れたくない人用のマルチフック「cat cha(キャッチャ)」。
みんな大好き「猫のしっぽ」をモチーフにした、ゆるかわなデザインです。

 

マーケティング部ではこういう商品を日々考えていて、
商品アイデアを形にするためにデザインやパッケージの担当者が在籍しています。

 

「cat cha」のデザインを考えたのは、グラフィックデザイン担当の谷口さん。
今回は谷口さんの持つ価値観や世界観を伝えるため、
彼女のフェイバリットを子供の頃から紐解いてみよう、という記事になります。

 

 前書き

さて、本ブログではアインズや働く人の価値観を伝えたいと思っています。


しかし、「どんな価値観を持って仕事をしていますか?」というお題に答えるのは、人によっては正直難しいところです。

 

一方、「好きなものは?」という質問なら結構答えやすい。
その人の価値観って、その人が「好き」と感じて選び取ったモノの中から、
じんわりと染み出すものかなと思うんです。

 

そこで、アインズでは従業員にフェイバリットを答えてもらうシリーズ

「スキなもの履歴書」を通して働く人の価値観を伝えていきます。(不定期)

 

◆第1回

momonose-eins.hatenablog.com

 

グラフィックデザイナー3年目の「スキなもの履歴書」

グラフィックデザイナーとして入社3年目の谷口さんに聞いていきます!

f:id:momonose-eins:20200629132222j:plain

 

Q. 子供の頃好きだったことを教えてください!


――昔から絵を描くことが好きな子供でした!
小学生くらいの時は、「なかよし」とか、「ちゃお」とかの絵を真似して描いていました。ちょうど「ぴちぴちぴっち」、「ミルモでポン!」等が連載されていた時代です。これわかる人は同世代ですね。

 

絵を描くことを、デザインの方面に生かそうと意識したのは大学からです。小・中学生の頃は、特に自分の進路について全っ然考えていませんでしたが、大学受験の時に、やっぱり自分は絵を描くことや、物作りが好きだなと思い、成安造形大学に入りました。

 

 

Q. どんなデザイン・モチーフ・色合い…etcが好きですか?


――小さい時から動物に囲まれて暮らしてきたので、その影響もあってか、モチーフには動物を使ったものを提案することが多いです。

f:id:momonose-eins:20200629133237j:plain

ハチドリと花

もちろん動物ばっかりじゃありませんが、提案の2案目、3案目に入っていることが多いかな? 動物の中では特に「猫」が大好きです!デスク周りにはちょこちょこ猫グッズを置いては仕事の合間に癒されています。あとは草花のモチーフも好んで提案しますね。

 

グラフィックの表現としては「切り絵」が特に好きで、そこから動物、草花のモチーフの発想を拝借しています。

 

 

Q. 切り絵のどういうところが好きですか?


――切り絵は動物や草花、自然を題材にした作品も多く、すごく私のデザインの練習になるんです。

 

例えば、図案のモチーフの輪郭を残して切り抜く部分と、切り抜かずに紙を残す部分、つまり白い部分と黒い部分が、どちらかに偏りすぎないように仕上げる方法は…?

紙のフレームの中に植物や動物を、綺麗に見えるように収める方法は…?

 

こういうことを考えながら、制作作業を繰り返すことで、デザインのバランス感覚が培われている気がします。図案は自分で考えたり、プロの作家さんのを再現してみたりして、少しずつ自分の表現を磨いています。

f:id:momonose-eins:20200629132401j:plain

クジラの切り絵

プロの方では、garden(ガーデン)さんという切り絵界隈では有名な方の切り絵が好きです。gardenさんの作品に最初に出会ったのが、本屋さんで手芸や切り絵のコーナーをチェックしていたとき。偶然彼女の本を見つけました。

その本では植物と動物をテーマにした図案を集めていて、個人的に線が細い柔らかい感じのタッチが、すごく私好みで。そこから彼女の公式HPに掲載されている図案を見るうちに、ファンになりました。


お気に入りのmidoriの手帳に、gardenさんの切り絵パターンを挟んでいます。

f:id:momonose-eins:20200630131535j:plain

 

切り絵は作るのに集中すると、休みの日を丸々使って一気に仕上げることもあります。
黙々と作品を作るという行為がそもそも好きですね。

 

Q. 他にしている活動があれば教えてください。

――イラストや切り絵の他にも、アクセサリーや消しゴムはんこが好きでよく作っています。アクセサリーは、以前は彦根の雰囲気のいい雑貨屋さんに出品していました。

情報収集と趣味を兼ねて、毎年デザフェスに足を伸ばしています。今年はコロナのせいで中止になりましたが、次回が楽しみです。

 

以上。

改めてまとめると、谷口さんの引き出しの多さと、世界観が伝わってきました。
地味に私と正反対の部分があり(もものせは、りぼん派&犬派)、相容れなさを感じたりしつつ(笑)、お話が聞けて面白かったです!


また、冒頭の猫のマルチフック「cat cha(キャッチャ)」は現在開発中。なかなか強度をクリアするのが難しかったですが、一歩ずつ発売に向けて進んでいます。

ちなみのこの商品の紙の表面には、菌を寄せ付けない「抗菌印刷」という加工がしてありますよ。

momonose-eins.hatenablog.com



 「スキなもの履歴書」シリーズは地味に続けていきたいですね。

引き続きよろしくお願いします。

 

 

オンラインショップで「ハココレ」シリーズ販売中

http://www.eins-eco.shop/

 

アインズの公式ホームページはこちら

https://www.shiga-web.or.jp/eins/