アフターコロナは、抗菌を印刷のスタンダードにしよう

f:id:momonose-eins:20200601104310p:plain

新型コロナ問題を受けて、公衆衛生の向上が求められる今、黄色ブドウ球菌大腸菌など、病原菌(一部)の繁殖を抑制できる「抗菌印刷」の注目が高まっています。

 

そんな抗菌印刷を、滋賀の印刷会社のアインズ株式会社が紹介します。

 

 

抗菌印刷とは?

抗菌の定義

抗菌=菌の住みにくい環境をつくることを意味します。

巷では「殺菌」や「滅菌」、「抗菌」というワードを謳う商品であふれていますが、これらのワードは少しずつ意味が違います。今回扱う「抗菌印刷」の「抗菌」は、以下のように定義づけられています。

 

「抗菌」とは菌を長時間増やさないようにすることを、抗菌といいます。菌を一時的に死滅、除去する殺菌、除菌とは区別されます。

 

JIS(日本工業規格)では、加工されていない製品の表面と比較し、細菌の増殖割合が100分の1以下(抗菌活性値2以上)である場合、その製品に抗菌効果があると規定しています。


引用:一般社団法人 抗菌製品技術協議会(https://www.kohkin.net/antibiotic.html

 

抗菌印刷 

抗菌性のある透明のニスを紙面に印刷することで、製品の表面に抗菌の層ができ、菌を長時間増やさない(=菌の増殖を抑える)というのが抗菌印刷です。

 f:id:momonose-eins:20200529132148p:plain

「抗菌印刷」を使った製品には、「抗菌SIAAマーク」が表示されます。


SIAA(抗菌製品技術協議会)とは、抗菌・防カビ製品の普及を目的とし、抗菌剤・防カビ剤および抗菌剤・防カビ加工製品のメーカー、試験機関が集まってできた団体のことです。

身近なところだと、シャープや、ライオン、ダイハツとかが所属してるみたい

 そのSIAA(抗菌製品技術協議会)が制定したシンボルマークが「抗菌SIAAマーク」。抗菌性・安全性・適正な表示(抗菌剤の種類、加工部位を明示しているか)の3つの基準を満たした製品に対し、表示されます。


参考:https://www.kohkin.net/siaa.html

 

抗菌印刷を印刷のスタンダードにしよう

全国いくつかの印刷会社で抗菌印刷の取り扱いが始まっています。

これまでの印刷では珍しかった「安心・安全」という付加価値が熱心に訴求されています。特に、食品や医薬品業界で、今後広まっていく技術だと思います。

 

アインズも印刷業界の一角として、抗菌印刷がもはや新しい技術でなく「印刷物のスタンダード」と呼ばれる未来が来るよう、商品開発を通じて抗菌商品を世の中に広めていきます。

 

アインズの抗菌印刷を使った商品アイデアをご紹介~!

①抗菌紙マスク保管ケース

f:id:momonose-eins:20200611095035j:plain

マスクの一時保管置きとしてご使用いただけるケースです。

食事など少しの間マスクを外す際に、マスクを清潔に保管できるように考えました。紙製で、いつでも清潔に使用いただけるよう、使い捨てとしています。女性だけの企画チーム「frau(フラウ)」が中心となり開発しました。

お問い合わせフォームからご連絡いただきますと、サンプルを送らせてもらいます。

②抗菌紙ファイル

f:id:momonose-eins:20200529133821j:plain

 

抗菌印刷を使った、オーソドックスな紙ファイルです。よく手で触れるものなので、抗菌とは何ぞや?というのを体感してみるのにいかがでしょうか。触り心地はスベスベですよ~。

こちらも、サンプルご用意しています。

 

③配達ケース

f:id:momonose-eins:20200529132800j:plain

商品の梱包時に使える抗菌の封筒や箱が欲しいなと思い立ち、開発を進めています。

私はフリマアプリをよく利用しますが、贈る側が自主的に「抗菌ケース」を選ぶことで、贈られる側に少しばかりの「心づかい」を示せるような、ホッとするアイテムを作りたいと考えています。

 

まとめ

抗菌印刷は、紙表面での黄色ブドウ球菌大腸菌などの菌の繁殖を抑制できます。
新型コロナ問題を受け、今後ますます広まっていくのではないでしょうか。
アインズでは抗菌印刷製品をたくさん作っていきますので、どうぞチェックください。今回紹介したものは、お問い合わせフォームからご連絡いただきますと、サンプルを送らせていただきます。


次回以降もアインズの印刷方法、SDGs関連のネタなどを紹介していきます。
引き続きよろしくお願いします!

↓ アインズの公式ホームページはこちら ↓
https://www.shiga-web.or.jp/eins/