レジ袋有料化まとめ&今後の希望

f:id:momonose-eins:20200522130717p:plain

海洋環境や生態系に大きな影響を与える海洋プラスチックゴミ問題などを受け、7月1日からレジ袋有料化がスタートします。 

これまでのレジ袋有料化は都道府県ごとの活動に委ねられ、国としてはあくまで推進レベルにとどまっていました。また、有料化の取組を行っていたのは主にスーパーで、コンビニやドラッグストアなどの業種には広まっていませんでした。

 

7月からの有料化義務付けの内容をまとめました。

 

 

 

対象となるの事業者は?どんな袋?

事業者

対象となる事業者は、スーパーやコンビニ、ドラッグストア、書店、服屋、スポーツ用品店おもちゃ屋など、すべての小売店個人の小さいお店も入ります。
また、小売を主な業態としていない場合、例えば、美容室で美容グッズをお客さんが購入する、といった状況も有料化の対象になります。

スーパーのお買い物では、マイバッグを使い慣れている人も多くおられるでしょうけど、ドラッグストアなどではつい忘れてしまいそうですね(汗)

対象となる袋は?

対象となる袋は、購入した商品を持ち運ぶために用いる、持ち手のついたプラスチック製レジ袋
対象外なのは、服屋の紙製ショッパーや、クリーニングの袋、スーパーで生鮮食品を入れる透明袋、景品を入れるための袋など、商品の保護を目的とした場合ですね。

 

また、プラ製レジ袋でも、以下の3つ要件に該当するレジ袋は対象外です。

  1. プラスチックのフィルムの厚さが50マイクロメートル以上のもの
  2. 海洋生分解性プラスチックの配合率が100%のもの
  3. バイオマス素材の配合率が25%以上のもの

出典:経済産業省https://www.meti.go.jp/policy/recycle/plasticbag/plasticbag_top.html

1は耐久性が高く繰り返し使用することが可能、2や3は環境にやさしい素材でできている、ということを理由に対象外となっています。ただし、これらを提供するにあたっては、消費者が他のプラスチック製レジ袋と区別できる必要があり、表示を付けなければなりません。

 

レジ袋の価格は、各お店が決めることになっていて、1円以上ならOKです。「商品価格を値引きすること」や「ポイントを付加すること」は有料化に当たりません。

 

滋賀県のレジ袋利用状況は?

私たちアインズ本社の所在地である滋賀の状況はどうなのか、気になって調べてみました。

f:id:momonose-eins:20200522160442p:plain


滋賀県では、2013年からの「滋賀県におけるレジ袋削減の取組に関する協定」により、既に相当数のスーパーでレジ袋が有料化されています。

その結果、2016年の調査では、すでに有料化を実施しているスーパーや一部生協でのレジ袋平均辞退率が約90%にのぼるとの結果が出ています※。

現在コンビニ、ドラッグストアなどでの導入はまだですが、今後マイバッグの導入がスムーズに進んでくれればいいなあと思います。

環境省「レジ袋に係る調査(平成28年度)」より

http://www.env.go.jp/recycle/yoki/c_1_questionnaire/shoppingBagH28.html

 

個人的に、今後の希望。

f:id:momonose-eins:20200525085930p:plain


レジ袋を使わなくても商品を持ち運びしやすいように、商品パッケージの形状が進化していくのではと期待しています。マイバッグでの持ち運び易さを高めるため、サイズが小型化するとか。商品と袋が合体してしまって、商品自体に持ち手がつくとか。

 

マイバッグもいろいろな商品が出てくると思います。

セブンイレブンでは、さっそく3月から環境配慮素材を使用したエコバッグが発売されていますね。私は自転車通勤でコンビニ弁当をレジ袋に入れて会社に行くのですが、結構な確率で寄り弁になってしまうので、このエコバッグを購入検討中です。

7premium.jp

 

また、手作りマスクの広がりで、消費者のクラフト作業へのハードルが低くなっている昨今ですので、マイバッグが次なる手作りアイテムとして色んなところから推進されるのではないでしょうか。

 

 アインズでの当面の取り組み

有料化後も無料配布OKのプラスチック製レジ袋(プラスチックのフィルムの厚さが50マイクロメートル以上で、繰り返し使用を推奨されるレジ袋)に付ける、表示シールを提供することにしました

 

アインズは脱プラスチック社会の応援を行なっています。

印刷会社として「プラスチックはダメ!紙へ置き換えよう!」ということをゴリ押しするだけでなく、みなさまの脱プラスチックへ向けた、変化の過程に寄り添えるようにしたいと考えております。

有料化を見越して、袋の発注量を調整されていらっしゃった事業者の皆さまが多かったと思いますが、コロナの影響で予定使用量が減少し、袋の在庫が余ってしまい困っていると相談をいただいていました。そこで、一時的な表示シールを通して、いま既に作ってしまったプラスチック性レジ袋の有効活用にも取り組んでいきます。 

この表示シールは今後ECサイトで販売予定で、続報はまたブログに投稿します。

よろしければ引き続きチェックくださいね。

 

次回以降もアインズの取り組みや関連情報を紹介していきます。 
引き続きよろしくお願いします。

 

↓ アインズの公式ホームページはこちら ↓

https://www.shiga-web.or.jp/eins/